申込みに必要な書類

カードローンを申し込む際にはいくつか必要な書類があり、それがなくては審査を受けることができません。
ではどういった書類が必要になるのかというと、まず必ず提出が必要になるのが身分証明書です。
これは申込者本人であることを確認できれば構いませんから、運転免許証か健康保険証のどちらかを使うことが一般的です。
一応パスポートでも受け付けてもらうことが出来ますから、もしどちらも持ち出すことが出来ないようであればパスポートを使うと良いでしょう。
基本的に少額融資であればこの身分証明書があれば良いのですが、銀行系業者の場合はその業者が定める一定額以上か、貸金業者で1社からの借入額が50万円を超えるか複数の貸金業者からの借入額の合計が100万円を超える場合には収入証明が別途必要になります
この収入証明として使える書類にはいくつかありますが、源泉徴収票や住民税決定通知書のどちらかが用意しやすい書類でしょう。
給与明細書で代用することも可能ですが、この場合直近二ヶ月分の明細を用意して提出する必要があるということは注意しなくてはなりません。
一ヶ月分だとその収入が継続したものなのかどうか判断が難しいことがありますから、必ず二ヶ月分を用意して下さい。
また自営業者の場合はこれらに加えて事業計画書や確定申告書の提出が求められることもありますから、この点については利用する業者に直接確認して、求められた書類を持参のうえ審査を受けましょう。