抜け毛のことを知るためには、まず髪の毛のサイクルを知る必要があります。健康な髪の場合、まず5年から7年の成長期で髪が伸び育っていきます。

 

その後で約1ヵ月間の退行期、約3ヵ月間の休止期を経て自然に髪が抜け落ちます。このサイクルで髪が抜けるのは自然なことです。

続きを読む≫ 2014/02/07 02:08:07

毎日洗髪のときに使うシャンプー。抜け毛や乾燥などの髪のトラブルを防ぐには、頭皮に優しいシャンプーを選ばなくてはいけません。シャンプーは、頭皮の状態によって使い分けるのが理想的です。

 

頭皮が脂っぽかったりふけやかゆみがある場合には、洗浄力の強いシャンプー剤を選ぶようにします。毛穴に汚れや脂が詰まっているわけですから、それを溶かすようなシャンプー剤を使います。

 

頭皮・スカルプ用シャンプー、石鹸系のシャンプー、高級アルコール系のシャンプーは洗浄力が強いです。そのようなシャンプーを使うと、頭皮の汚れやかゆみを無くすことができます。

続きを読む≫ 2014/01/15 23:30:15

髪の毛の乾燥は髪全体がパサパサになるだけではなく、スタイリングがしにくくなったり、枝毛の原因になったりします。髪の乾燥が気になった時、どのようなケアをすればいいのでしょうか?

 

乾燥を引き起こしている大きな原因の1つは、シャンプー剤です。シャンプー剤には界面活性剤が含まれています。市販されている多くのシャンプーは石油系のものですが、石油系のシャンプーは洗浄力が強すぎて、必要な皮脂まで洗い落としてしまう傾向があります。

 

地肌からの髪に必要な栄養分まで落としてしまうので、髪が乾燥してしまうのです。このような場合は、シャンプー剤をアミノ酸系のものに変えてみましょう。

続きを読む≫ 2013/12/24 01:32:24

薄毛や抜け毛、枝毛や切れ毛などの髪のダメージ。パサパサの髪。そんな症状が気になったら、サロンに相談してみるといいかもしれません。サロンでは具体的にどのようなケアをするのでしょうか?

 

まずサロンへ行きカウンセリングを受けます。頭皮をモニターでチェックします。モニターには自分の頭皮が大きく映しだされます。毛穴に皮脂が詰まっている状態などが分かります。

 

それぞれの頭皮の状態に応じて、カウンセラーが適切にアドバイスしてくれます。

続きを読む≫ 2013/12/17 02:08:17

毎日使うヘアブラシですが、どのようなものを使うと頭皮や髪にいいのでしょうか。また、ブラッシングのコツなどはあるのでしょうか。

 

まずヘアブラシの材質ですが、ナイロン製のものは静電気が起こりやすく、髪の毛や頭皮を傷つけてしまう場合があります。できれば、豚毛または猪毛のブラシを使うといいでしょう。

 

ブラッシングはなぜ必要なのでしょうか?もちろん、ヘアスタイルを整えるためにも必要ですが、髪や頭皮の汚れや余分な脂を取る役割があります。

 

また、頭皮を刺激して血行を良くし、健康な髪を育てる効果や皮脂を髪全体に行き渡らせてツヤのある髪の毛にする効果などもあります。

続きを読む≫ 2013/12/15 01:51:15

薄毛は男性にとってとても気になるものです。抜け毛や頭皮の脂が薄毛の主な原因ですが、どのように頭皮のケアをしていけばいいのでしょうか。薄毛を避けるには、まず頭皮を清潔に保つようにします。

 

具体的には、ブラッシングをこまめにすることとシャンプーを毎日することが挙げられます。抜け毛の原因は、毛穴が余分な脂で詰まってしまうことです。
ブラッシングには、髪の汚れを取り除く以外に、頭皮の余分な脂を落とす役割があります。シャンプーをする前にブラッシングをすると、汚れや脂が落ちやすくなり、毛穴に詰まっていたものが洗い流されます。

続きを読む≫ 2013/12/14 01:49:14